イシュタールとコンシダーマルを比較!人気ラメラ構造オールインワン

仕事や育児に追われて、スキンケアにかける時間がなかなかとれないんです。。
35歳すぎてからは肌の衰えも感じていて、このままじゃ危ないとは思っているんですけど・・・
どうやらお悩みのようね、麻衣ちゃん!
そんなあなたに、時短もエイジングケアもまとめてできちゃう救世主、
『ラメラ構造のオールインワン化粧品』をおすすめするわ♪

人気のラメラ構造オールインワンジェル2商品!イシュタールとコンシダーマルを比較!

簡単にエイジングケアができるなら使ってみたいです!
ところで・・・『ラメラ構造のオールインワン』ってなんですか??
『ラメラ構造』という肌の作りにとても似ている作りをしたオールインワン化粧品のことよ。
浸透力が高くてバリア機能がアップするから、今すごく注目されているのよ。
なかでも人気はイシュタールとコンシダーマルという化粧品ね。
ぜひ使ってみたいです!
ラメラ構造以外にも、商品の特徴をぜひ詳しく教えて下さい!

イシュタールとコンシダーマルの違いを比較してみた!

美容に敏感な人であれば、ラメラ構造はもちろん、イシュタールやコンシダーマルがどんな化粧品なのかすでに知っているかもしれませんね!

でも、さて「二つの違いは?」と聞かれると案外ムズカシイもの。
まずは表にして分かりやすくしてみました。

イシュタール コンシダーマル
商品  イシュタール  コンシダーマル
初回価格 2980円(税抜) 3456円(税込)
プレミアム:2268円(税込)
 価格
定期割引率
5480円(税抜)
【28%割引】
 4309円(税込)
【13%割引】
プレミアム:4082円(税込)
 定期縛り回数 いつでも解約可能
 分量 50ml(約1ヶ月分)  50ml(約1ヶ月分)
 主な効果 肌の乾燥・肌荒れ・毛穴・たるみ・くすみ・小じわ対策 乾燥による小じわ・毛穴・落ちないくすみ対策
種類 オールインワン美容液  オールインワン化粧品
役割 6役(導入液・化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック)
 特徴 ラメラ構造
ふんわりとしたダマスクローズの香り
ラメラ構造
乳白色でほとんど香りはない
使い心地 美容液系のしっとりしたローションタイプ しっとりではあるが、化粧水に近いさっぱり感もみずみずしいローションタイプ
テクスチャー    
配合する
美肌成分
EGF(ノーベル賞受賞成分)・フラーレン、セラミド(NG・NP・AP)、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na スクワラン・セラミド・エラスチン・ヒアルロン酸・ホホバ種子油
その他の
異なる成分
水溶性プロテオグリカン、ビタミンA、ビタミンE、アミノ酸 Wプラセンタ・ノーベル賞受賞成分EGF
低刺激処方の内容 無添加(着色料・鉱物油・パラベン・紫外線吸収剤・エタノール) 無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー
オススメしたい
肌タイプ
乾燥肌~敏感肌 脂性肌~普通肌
オススメしたい
年代
30~50代 20~30代
オススメ度
詳細 体験記事はコチラ 体験記事はコチラ
詳細 ⇒公式サイト ⇒公式サイト

2商品の大きな違いは使い心地や成分、低刺激(無添加)処方

2商品はどちらも1つで6役の役割を果たすラメラ構造オールインワン化粧品よ。
化粧水や美容液だけでなく、パックや導入液(ブースター)にも役立つわ。
でも、使い心地や香りはかなり違ってくるからここからは要チェックよ♪
1)使い心地と香り【ダマスクローズの無臭ならコンシダーマル】

成分や効果も重要ですが、毎日使うスキンケアアイテムは、意外と使い心地が気になるもの。
テクスチャーや香りが好みだと、ついつい使いたくなってしまいますよね~♪

イシュタールとコンシダーマルを比較してみると……

イシュタールはしっとり系のテクスチャとダマスクローズの香りが特徴的。
ふわっと香る程度なので、化粧品独特のキツイ香りが苦手な人でもOK。

絶対に無臭がいい!という人には向かないかもしれませんが……。

一方、コンシダーマルはさっぱり系のテクスチャーでほとんど香りがないのが特徴的です。
べたつく感じが苦手な人や、香りのない化粧品が良いという人におススメ。

ただ、保湿重視の人だと物足りない可能性も。

使い心地の好みで選ぶのもアリかもしれませんね。

2)成分【イシュタールはフラーレンなどの保湿成分、コンシダーマルはプラセンタ】

オールインワンは洗顔後のお手入れがそれだけで完了します。
だからこそ1本でしっかり機能してくれないと困りますよね(○ `人´ ○)

やはり見るべきところは成分!
イシュタールとコンシダーマルはどちらも人の肌と同じラメラ構造になっています。
ラメラ構造と相性の良いセラミドが含まれているのも同じです。
(イシュタールにはセラミド3種、コンシダーマルには2種入っています)

しかし、成分を比較してみると、意外と違いがあったりするんです。

イシュタールにはノーベル賞受賞成分である「フラーレン」やビタミンA、ビタミンEなどの保湿成分が入っています。
他にも、国産有機成分としてソメイヨシノ葉エキスやヘチマエキス、加水分解ダイズエキスなどが含まれています。

これらは、コンシダーマルには含まれていません。

一方、コンシダーマルには2種類のプラセンタが配合されています。
イシュタールにはプラセンタは含まれていません。

成分の違いもどちらを選ぶか?の基準になりそうですね!

3)低刺激(無添加)処方【敏感肌なら紫外線吸収剤フリーのイシュタールがおすすめ】

低刺激・無添加はどちらもしっかり行っていますが、イシュタールのほうが紫外線吸収剤などもフリーにしているのでスゴイ!!ですね。

紫外線吸収剤は主に日焼け止めやファンデーションに使用されているものです。

紫外線を吸収することで肌へのダメージを防いでくれますが、化学合成された成分が含まれていることも。

さらに、紫外線を一度肌の表面に取り込むことになるため、成分や紫外線の熱などで肌が刺激を感じてしまう可能性があります。

そのため、敏感肌の人だと、肌荒れの原因になってしまいます。

敏感肌で悩んでいる人は、何が無添加なのかも見ておくといいですよ!

イシュタールとコンシダーマルの違いと特徴をまとめてみた!

さて、イシュタールとコンシダーマルの大きな違いを挙げていきましたが、
まだどちらを選ぶか迷っている人もいることでしょう。

そんな迷える子羊のあなたが注目すべきなのは、それぞれの成分で期待できる肌への効果!
肌にどんな効果を期待しているかがポイントです♪

ここからは、イシュタールとコンシダーマルの成分や効果を詳しく解説していきたいと思います☆

イシュタールは豊富な保湿成分が特徴的

イシュタール特有の成分といえば、ノーベル賞受賞のフラーレン。
フラーレンとは炭素原子60個がサッカーボールのように集まってできた物質のこと。

肌を老化させる原因の「活性酵素」に対抗し、肌にツヤやハリを与える役割をもっています。

また、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAPと3種類のセラミドを配合。

セラミドは商品の売りでもあるラメラ構造の中で、水分を守るのに必要です。
つまり、保湿成分ということになります。

イシュタールに含まれる保湿成分は、ビタミンAやビタミンE、水溶性プロテオグリカン、アミノ酸などたくさん。

整ったラメラ構造の水分や美容成分にフタをしてくれるので、長時間潤いを保つことができるんです!

そして、なんといっても厳選された国産有機成分がイシュタールならでは。

・角質を潤いで満たす「ソメイヨシノ葉エキス」

・肌トラブルを防ぐ「ヘチマエキス」

・ハリを保つ「加水分解ダイズエキス」

・保水力をもつ「チャ葉エキス」

・紫外線や乾燥から肌を守る「加水分解コメエキス」

と5つの成分が美肌に導いてくれますよ♪

*関連記事*

コンシダーマルはプラセンタによる効果が期待できる

コンシダーマルにもセラミドやヒアルロン酸、スクワランなどの保湿成分が含まれています。
一見、イシュタールとの違いが分からない!と思いがちです。

しかし、コンシダーマルにはイシュタールにはないWプラセンタエキスが配合されています。

「マリンプラセンタ」と「発酵プラセンタ」の二種類のプラセンタです。

プラセンタは胎盤エキスのことですが、アミノ酸やタンパク質、糖質などさまざまな栄養素が含まれていることで知られています。

栄養た~っぷりのプラセンタが肌に与える効果は

肌を新しく生まれ変わらせる「ターンオーバー」の促進

紫外線によるシミやシワなどを改善

コラーゲンの生成促進で肌の弾力を取り戻す

です!
保湿しながらエイジングケアできるのが嬉しいところですね☆

*関連記事*

愛用者の口コミを比較!イシュタール&コンシダーマル

保湿でエイジングケアできるイシュタールと紫外線のエイジングケアができるコンシダーマル、といったところですかね。
せっかくなら、もっと具体的な声も聞きたいなぁ。。。
そんな悩みがちな麻衣ちゃんのために、実際の愛用者さんたちの口コミも調査しておいたわよ☆

イシュタールの愛用者さんたちの口コミを紹介

まず、イシュタールの口コミはこちら。

夜まで潤いが続く!
HN:猫の手さん
評価:
年齢:34歳
肌質:乾燥肌

今まで他のオールインワンを使っていたけど、保湿が足りないと感じていました。話題のラメラ構造に惹かれてイシュタールを購入。実際に使ってみると本当にこれ1本で大丈夫だからびっくりしました!!朝の洗顔後につけて、夜まで潤いが続きます。職場でも「肌がきれいになったね」と言われました。

ダマスクローズの匂いが好き
HN:YUKARIさん
評価:
年齢:24歳
肌質:普通肌
広告を見たのを決め手に使用してみた。化粧品の成分にはあまり詳しくないけど、ダマスクローズの匂いがめっちゃイイ・・・((* ・・*)これ使うと女子力が一気にアップした気がする!乾燥は特に気にならないと思う。

若く見られるようになりました
HN:ヒデままさん
評価:
年齢:55歳
肌質:乾燥&敏感肌

年齢とともに乾燥と肌荒れが酷くなり、藁をもつかむ思いでイシュタールを使ってみました。最初の1、2ヶ月は大きな変化を感じませんでしたが、3ヶ月を過ぎた頃に主人から「若返ったね」と言われました。最近では、初対面の人に10歳以上若くみられたこともあります。肌の悩みも減りました。

しっとりしすぎ?
HN:けーこさん
評価:
年齢:42歳
肌質:脂性肌

はじめてオールインワンを使ってみたが、確かに保湿力はバッチリだと思う。でも、脂性肌の自分にはしっとりしすぎているような気も。乾燥肌の人なら言うことないかもしれない。

男性でもOK
HN:ロマンスCARさん
評価:
年齢:30歳
肌質:乾燥肌

男性ですがイシュタールに手を出してみました。男性用の化粧品は使用後さっぱりするものが多いですが、こちらはしっかり保湿してくれます。面倒くさがりなのでスキンケアが省けるのもGOOD!

コンシダーマルの愛用者さんたちの口コミを紹介

続いて、コンシダーマルの口コミをご紹介します。

シミが薄くなった
HN:トシ子さん
評価:
年齢:52歳
肌質:普通肌

コンシダーマルを使い続けて半年、顔のシミが薄くなってきました!夫や子どもからも褒められるようになり嬉しい毎日です♪美白効果が期待できると思いますよ!

意外とべたつかない
HN:▼YOU▲さん
評価:
年齢:40歳
肌質:普通~乾燥肌

友達から「保湿力が高い」と噂に聞いて、試に使ってみた。保湿が高いというとどうしてもベタベタするのでは?という心配があったけど、意外とそんなことなかった。さらっとしてるのに保湿されてる感じ。

期待しすぎはNG
HN:AMERIさん
評価:
年齢:31歳
肌質:乾燥肌

雑誌に載っていてよさそうと思ったので試してみた。使ってみた感想は……期待しすぎたのかもしれないけど、良くも悪くも普通かな~って感じ。使い勝手とコスパはいいけど、美肌効果はイマイチかも。。。

微妙に乾燥する
HN:Cビタミンさん
評価:
年齢:46歳
肌質:乾燥肌敏感肌
&
つけた感じかなりサラッとしているので、季節によっては乾燥することがありますヾ( ̄o ̄;)私のような乾燥肌の人は、秋冬の季節はこれだけだと保湿足りないかも。無香料なのはうれしいけど、少しヒリヒリすることがあります。

私的に上位ランクの商品!
HN:赤いキノコさん
評価:
年齢:24歳
肌質:脂性肌

コンシダーマルはオールインワン化粧品では、私的に上位ランクしている商品です!価格も安いしベタベタしないし、すーっと肌になじむ感じが気に入っています☆肌も明るくなりましたよ♪

【肌質&年代別】イシュタール・コンシダーマルのおすすめはどっち?

最後は、とにかくどちらかを試してみたい!という方のために
肌質や年代別で2つの商品がどんな人にオススメなのかまとめていくわね♪

イシュタールは【30~50代&乾燥肌】にオススメ!

○30~50代の幅広い年代

○乾燥が気になる人

○保湿力の高いオールインワンを求めている

○よりたくさんのエイジング効果が欲しい

イシュタールには世界で認められている厳選成分がたっぷり入っています。
そのため、保湿力はコンシダーマルを上回っているといえるでしょう。

乾燥が気になる方はもちろん、アンチエイジングもしたい30~50代の方にオススメのオールインワンです。

わたしの年齢も30代後半でピッタリだし、乾燥気味だからイシュタールにしようかな♪
夏になったらコンシダーマルっていうのもいいのかも♪

⇒イシュタールの公式サイトはこちら

コンシダーマルは【20代&普通~脂性肌】にオススメ!

○20代の方

○脂性肌でべとつきが気になる人

○さらっとした使用感が好み

○オールインワンで美白ケアもしたい人

コンシダーマルはテクスチャにローション感があるから、ガッツリ保湿したい!という方には少々物足りないかもしれません。

さらっと使いたい20代の方や、脂性肌の人、オールインワンに美白効果を求めている人にオススメです。

紫外線によるエイジングケアはコンシダーマルがおすすめよ。
サラッと使えるタイプが好きな方はぜひ使ってみて♪

⇒コンシダーマルの公式サイトはこちら

*関連記事*