夏のメディプラスゲルの使い方は簡単♪ベタつきや汗対策を公開!

夏のメディプラスゲルの使い方は簡単♪ベタつきや汗対策を公開!

メディプラスゲルって夏も冬も同じケアで大丈夫なの?
夏って汗かいてメイクが落ちるし、化粧ヨレがスゴイ・・・。

そこで、夏場のメディプラスゲルの使い方をご紹介します!
メディプラスゲルを上手に使えば、夏の肌でもサラサラ肌が保てるんですよ♪

⇒メディプラスゲルの体験ページへはこちら!

夏の肌の天敵!毛穴汚れと乾燥に要注意!

夏場に肌のトラブルが起きやすい部分は「毛穴汚れ」と「乾燥」。
肌がごわついて感じたり、黒ずみが気になったりする原因はこれらにあります。

とはいえ、暑さや汗によって対策ができないからと、おろそかになりがちな夏のお手入れ。
改善方法が分かりにくい夏のスキンケアをここでしっかり見直しておきましょう!

夏は汚れ落としができていないと毛穴詰まりになる

毛穴は皮脂や汗が詰まることでニキビや吹き出物の原因になります。
特に夏場はオイリーな下地やウォータープルーフのUVケア、何度も化粧を塗り重ねるなどによって毛穴が詰まりやすくなります

毛穴汚れの対策にはしっかりメイクを落とすことや洗顔をしっかり行うことが大切です。
夏だからとなんとなく肌のケアをしているのでは、夏肌を守り抜くことはできません!

汗や皮脂、重ね塗りしたメイクが残ってしまわないように洗顔やメイク落としをしっかり行うこと。
特に夜の洗顔は大切ですよ。

しっかり落とした後は毛穴を引き締めることのできる化粧品を使いましょう。
夏だからこそ、基礎を大切にしたスキンケアにこだわりましょう!

肌トラブルを防ぐには、夏でも乾燥させないことが大事

夏の肌は紫外線の浴びすぎや冷房、扇風機の風から起きやすくなる上に、日差しや日焼けによっても水分が失われます。
意外と多い肌によろしくないものが多いため、乾燥も起こりやすくなるのです。

夏場でも吹き出物やごわつき、メイク崩れやメイクノリの悪さなどなど・・・
こういった肌トラブルの元凶は、やはり乾燥。

そこで、肌トラブルを起こさないための乾燥対策がメディプラスゲルの会報誌、美楽の7.8月号でも特集が組まれていました。

このようにメディプラスゲルでしっかりパックなどをして、肌の保湿成分を逃さないようにすることが書かれています。

こちらではメディプラスゲルDXを特集していますが、通常のメディプラスゲルでも十分な保湿力がありますので安心して下さいね♪
メディプラスゲルは少量でも保湿効果があるので、夏の乾燥に耐えるだけの保湿力を十分に保つことができますよ。

夏のメディプラスゲルの使い方はいつものケアとどう違うの?

夏は日差しも強いし、紫外線や汗によるメイク落ちなども心配ですよね。
日が長いから冬よりも化粧直しもしなくちゃいけないし・・・

下地やスキンケア、メイク事情が大きく異なる夏のお肌。
そんな中、メディプラスゲルを使う場合はどのような工夫が必要なのでしょうか?

夏場のメディプラスゲルはマイナス1プッシュがベスト!

夏になると、気候や暑さで汗をかいてしまいます。
肌がベタつくので、この時期のスキンケアはどれくらいしっかりやるべきなのかよく分かりませんよね。

夏だからと適当なスキンケアをすると、エアコンの風や紫外線で肌がボロボロ。
質の悪いスキンケア化粧品だと乾燥してしまいます。

だからといってたっぷり塗ってしまうと、余分なゲルが顔にのったまま。。
これでは化粧ヨレや毛穴詰まり、ニキビなどの肌トラブルを招きかねません。

ところが、メディプラスゲルの場合はこういった問題が起きにくいのです。
その理由はこちら。

・少量のゲルでも乾燥させない保湿力がある
・アーチチョーク葉エキス配合で毛穴を引き締める効果がある
・オールシーズン使用可能なオールインワンゲルである
・プッシュタイプなので分量調整がしやすい

メディプラスゲルは先ほど紹介した、夏の肌のトラブル原因になる「毛穴汚れ」や「乾燥」を対策できます♪
これが夏でもメディプラスゲルがおすすめされるゆえんです!

そして、さらに最適な肌状態を保つためにメディプラスゲルのプッシュ量でつけるゲルを調整して使っていきましょう。
これで夏の肌を安定的にベストな状態にさせることができます。

夏の使い方としてオススメなのは暑い日はプッシュ量を1プッシュ程度減らすことです。
その日の肌状態と相談し、プッシュ量を調整するのです。

具体的に、春や秋などはメディプラスゲルを3プッシュ使用している方の一例を見てみましょう。

【夏のメディプラスゲルの分量は基本的にマイナス1プッシュ】
・暑い日の朝はメイクのヨレを防ぐために2プッシュにする
・夜の洗顔後は2プッシュを肌全体につける【ただし日によっては分量調整をする】
・エアコンに1日中当たっていた日などは夜でも3プッシュつける
・気になる部分(ほほや口もとなど)の乾燥時は多めに1プッシュをとって厚めに塗る

このように、自分自身の肌似合わせた調整が毎日簡単にできちゃいます。

もし「1プッシュ減らすと軽すぎだし、でもいつも通りの分量だとちょっと多すぎる・・・」
と感じる方は、いつも通りのプッシュ量を出しておきましょう。
そしてあまったゲルを首やデコルテ、ヒジやヒザなどに使ってみると良いですよ♪

夏のメディプラスゲル、朝のケア&夜のケアのコツ

夏場は1プッシュマイナスのケアを基本にして調整していく
というのはよく分かりましたね!

その上でどのようなケア方法が夏のお肌に効果的なのか?
ここで詳しくご紹介していきます♪

【朝ケア】メディプラスゲルを2度塗りしてからメイクをするのがおすすめ

朝は洗顔後、どうしても汗をかきがち。
ベタつきすぎてメイクのノリが悪くなり、ファンデーションを塗って脂っこい肌のような印象になってしまいます。

そこで、オススメなのはメディプラスゲルを少量で二度塗りすること

・先に2プッシュを肌全体につけてから、部分付けで乾燥しがちな所だけを二度塗り
・1プッシュを全体につけたあとに、もう1プッシュを肌につける
などなど、二度塗りの方法はお好みでOKです。

ただし1度塗った後、ある程度肌がゲルを吸収して乾いてから二度塗りすることが大切です!

お肌がゲルを吸収する前につけてしまってはベタつきの原因になってしまいます。
これでは二度塗りの効果が半減してしまいますよ。

汗ばんだ肌に大量のゲルを投入しても、ゲルの吸収は悪くなります
少量であれば肌にしっかりゲルが吸収しやすくなります。

二度塗りすることでメイクのノリが良くなり、肌調子が上がります。
また、保湿効果も上がるためエアコンや紫外線による肌の乾燥も防ぐことができますよ。

【夜ケア】メイク落としで丁寧に汗や紫外線を流してしまおう

夏のお肌の毛穴には、汗や落ちきれなかったファンデーションが残りがち。
特に夏はUVケアの下地を使ったり、ウォータープルーフのもの肌に使ってしまいがちですよね。

さらに肌の外部からは紫外線も肌に残ってしまいます。
これがのちのメラニン生成のもとや乾燥の原因になってしまうのです。

そこで、夜はしっかり肌や毛穴の汚れを落としましょう!
「夏は汗でメイクは流れているでしょ」なんて思っちゃダメですよ~!(笑)
毛穴の汚れが取れにくいことを意識しておきましょうね。

【夜ケア】メディプラスゲル+ホットタオルやお風呂パックでスチーム効果

保湿が足りないように感じる、エアコンの風で乾燥してしまう・・・
そんな悩みがある方はメディプラスゲルをたっぷりつけてパックを作りましょう!

メディプラスゲルにはパック効果は入っていません。
しかし、肌の毛穴を開いた状態でメディプラスゲルをつけることで、肌にしっかり栄養分が導入されます。

そのケア方法は、洗顔後にお風呂に入っていて肌が温まっているときに、メディプラスゲルを顔にのせるだけ。
優しくマッサージしたら洗い流し、お風呂から上がったらまたメディプラスゲルをいつも通りつけましょう。

時間がない方は、ホットタオルで毛穴を開いた後にメディプラスゲルをつけるだけでも効果がありますよ♪

肌を温めることで毛穴が開きます。
毛穴が開くことで、毛穴詰まりや黒ずみなどを取れやすい状態にすることができます。

そこに、毛穴を閉じて引き締める効果のあるメディプラスゲルのアーチチョーク葉エキスで、毛穴に栄養を届けるのです。
夏の美肌に効果的ですよ♪

いずれにしろ、ポイントは毛穴をしっかり開いてメディプラスゲルを塗ること。
これだけで驚くほど乾燥しなくなっちゃいます!

【夜ケア】寝る前にもう1プッシュ塗っておくことで朝もプルプル♪

夜眠るとき、最近では熱中症対策で冷房や扇風機をつけたままという方も多いのではないでしょうか?
人工的な風の影響で、朝起きたらお肌もカピカピゴワゴワになってしまうこともありますよね。

もしくは寝汗でぐっしょり汗をかいてしまってゲルが落ちてしまっていてお肌がドロドロ・・・
お風呂上がりにしっかりつけていたのに取れちゃってた!なんて方もいるでしょう。

こういった乾燥や寝汗で落ちてしまうのをどうにかしたい!
そこでおすすめは寝る前に1プッシュのメディプラスゲルを塗っておくことです。

メディプラスゲルはオールインワンなので、寝る前のナイトクリームの代わりになります。
お風呂上がりだけでなく、寝る前に1プッシュしておくだけで安心です。

寝ている間は乾燥していても気づくことができません。
夜のケアは洗顔後と睡眠前の二重のケアで肌の保湿を万全にしてから、ぐっすり眠るようにしましょう!

少量のメディプラスゲルでもクリーム効果はたっぷりあるので、安心ですよ♪

【外出先】【メイク時】汗がひどい!メイク落ちが辛い!そんなときの対処法

夏の自宅ケアの方法はおわかりいただけたかと思います!
続いては誰もが一度は困る、外出先やメイク時の夏の肌ケアに関しての対処法です。

汗が出たらこまめにティッシュオフしてから保湿を心がけて

汗が出てしまったと言うときは、できるだけ早くこまめに拭き取りましょう。
そのままにしておくと、メイク落ちやメイクが浮いたりするなどの問題が発生してしまします。

できればティッシュで汗をオフさせるのがオススメです。
ティッシュであれば余分な皮脂もある程度取り除くことが可能です。

あぶらとり紙なども有効ですが、使いすぎると油脂が取れすぎてしまったり、メイクが落ちてしまう原因にもなります。
適度に皮脂やあせをぬぐいましょう。

※ただし、大量の汗はタオルなどでドライするようにしておきましょう。

朝の洗顔後やメイク直しの前に汗が気になるようであれば、ティッシュで優しく気になる部分をおしてからメイクを始めましょう
ティッシュオフは肌の油脂調整に最適ですよ。

パウダーで皮脂を調整して肌トラブルを撃退

メイク直しやファンデーションの仕上げには、夏でもサッパリつけられるルーズパウダーがオススメです。
パウダーをつけることで肌の皮脂を調節することができます。

夏の美楽でも取り上げられているように、パウダーであれば肌表面に付着する皮脂を調整できます
そのため、メイクが落ちたときや汗がひどいときに上手く活用できます。

夏のファンデーションはヨレやメイク落ちをあまり気にしなくて良く肌にしっかりフィットできるリキッドファンデーションがオススメです。
仕上げやメイクの修正にはきめ細かい粉がオススメですよ。

メイクやスキンケアに関していっぱい載っている美楽(bigaku)ってなに?
>>メディプラスゲルの会報誌・美楽はどんな雑誌?【2017年7月号】

夏はメイクや肌トラブルで悩みがちなシーズンです。
お肌に合わないモノやシーズンに合わないモノを使うと、余計にトラブルを引き起こしがち。

夏こそ美肌を作れるスキンケアやコスメにこだわりましょう♪

メディプラスゲルなら、夏のお肌もベタつかない美肌を作ることが可能です。
定期会員になるとさらにお得なキャンペーンも満載♪

夏向けコスメやスキンケアもお安く購入できちゃいますよ!

悩んでいる方には必見のお得情報です♪
>>2017年の夏はメディプラスゲルのキャンペーンで2000円割引!

⇒メディプラスゲルの体験ページへはこちら!