忙しい子育てママや産後ケアに優れた【オールインワン】で時短ケア☆

出産してからず~っと肌が乾燥してる気がするんですよねぇ。。。
あら!それって産後のケアの仕方が間違っていたんじゃない?
今からでも遅くないから、正しい産後のスキンケアに見直した方が良いわよ。
そうなんですよね~毎日忙しくてケアがおろそかだったんです。
美肌に戻す方法、ぜひ教えて下さい~!!

「毎日の子育てに追われて自分の美容なんて気にしているヒマない!」
「自分よりも子どもが最優先!」

家事に子育てにと、いつも忙しい女性達。

子育てをする時期の女性は、若いころとの肌質の変化にプラスして、女性ホルモンのバランスが崩れているため
肌トラブルが起こりがちです。

産後の肌状態や、産後だから気をつけたい肌対策、授乳中のママでも使えるゲルなど徹底解説します♪

時短でできる美容ケアの代表格、オールインワンゲルがあなたを変えるかも!?

⇒産後におすすめなオールインワンジェルランキングを今すぐ見たい方はコチラ!

妊娠前とは大違い!産後の全身の肌はこんなトラブル状態!

オールインワンジェル
約40週という長い妊娠期間と出産を終えたあと、幸せな子育てライフが始まると思ったら…
トラブルだらけ!

多くのママがこんな肌トラブルを感じやすくなります。

ホルモンバランスが崩れて肌荒れ・肌トラブル続き

出産後に体は元に戻ろうとしますが、生理周期が落ち着くのには時間がかかるため、ホルモンバランスの乱れは産後も続きます。

それだけでなく、睡眠不足・疲労・ストレスが重なり、肌荒れはひどくなる一方です。

対策をしたくても、肌の状態が敏感でなかなか自分に合ったケア商品を見つけることができない人も多いとか。

バリア機能が低下してしみや黒ずみが汚くなる

ホルモンバランスの変化や、紫外線対策をおこたることで起きるものです。
さらに、赤ちゃんに母乳を与えることで、乳頭までも黒ずみに!

ベランダで洗濯を干す、ゴミ出しなど「少し外に出るだけだから」と油断していませんか?

肌のバリア機能が大きく乱れているため、紫外線がさらに肌の細胞を破壊、
メラニンは蓄積することで、いつも以上に影響を受けやすいのです。

乾燥や体重増加による妊娠線ができてしまう

急激に体重が増加し、皮膚が引っ張られる状態に追いつかず、割れたように線が入ります。

これは、皮膚の真皮にある弾力繊維が切断されることによって起こります。
おなかだけでなく、胸・太もも・おしりなどにも出やすいのです。

妊娠線予防クリームを塗っていたのに、できてしまう人が多いとか。

*関連記事*
妊娠線も一緒にケアできるオールインワンジェルがほしい!
妊娠中でも使えるオールインワンジェル!顔と妊娠線をダブルケア♪

免疫力の低下で湿疹・かゆみ・粉吹きが起きる

ストレスや疲労による「免疫力低下」が主な原因と言われています。

妊娠中に起こることが多いのですが、産後も長く残るケースが。
悪化すると、皮膚科で治療が必要になってきます。

これらのトラブルは

  • 女性ホルモンバランスの乱れ
  • 産後のケア不足

が大きな要因です。

ホルモンバランスは、しばらくすると徐々に元に戻りますが、産後のケアは自分で意識して行う必要があります。

産後に取り入れたい!肌を守るケア方法

オールインワンジェル

保湿ケアはしっかりする

洗顔後・入浴後は、すぐに保湿ケアをするようにしましょう。

子育て世代の女性の肌は、乾燥しやすい状態です。
産後の女性はそれ以上に肌の状態がデリケートなので、刺激の少ない肌に優しいものを使用するとよいでしょう。

食事のバランスを気にかける

肌の状態を回復するための食事は、とても効果的です。
ビタミンCやビタミンEを摂取することで、肌に大きく働きかけます。

また、バランスの良い食事は、母乳が出やすくなり、栄養もたっぷり♪
赤ちゃんのためにもぜひ取り入れたいポイントです。

睡眠時間をしっかりとる

不規則な生活である上に、3時間ごとの授乳をしているママには、とても難しいことかもしれません。
授乳のタイミングもあると思いますが、22時から2時の間はなるべく睡眠をとりましょう。

夜中の授乳は、3ヶ月ごろまで続きます。
しばらく続くので、赤ちゃんが寝ている間に一緒に寝るなど、少しでも睡眠をとるように心がけましょう。

紫外線対策を忘れない

日焼け対策はしっかりしましょう。

肌が弱い時期ですので、子ども用の日焼け止めを使用するのもOK。
ベランダで洗濯を干したり、ゴミ出しをしたりといった少しの外出でも何かしらの対策は必要です。

大きなことではありませんが、1つ1つの積み重ねが、徐々に肌の状態を良くしてくれます。
「産後だから」
「子どもだけで手一杯だから」
と諦めずに、できるところから取り入れてみて下さい♪

注意!とりあえず化粧水だけをつけるという時短ケアはNG!

「何もしないよりかは、化粧水だけでも使ったほうがよいのかも」

と思って、化粧水だけ使用していませんか?
化粧水は、水分を補給するためのケアではありません。

また、開いた毛穴を乳液などでフタをしていないため、水分は蒸発する一方!
バリア機能が低下しているため、肌荒れは悪化する一方です。

そればかりか、水分が蒸発することで、乾燥肌になる原因を作ってしまうことにも…
時短ケアをしたいのであれば、必要なものがすべてギュッと凝縮されているオールインワンゲルがオススメ★

*関連記事*

⇒今すぐおすすめオールインワンジェルランキングを見たい方はコチラ!

産前の肌を取り戻そう!産後でも使いやすいオールインワンジェルはママの味方!

授乳中は、体の栄養分がすべて母乳へいきます。
そのため、栄養不足になった母体は免疫力が低下するだけでなく、肌への栄養分も不足します。

バリア機能やホルモンバランスの乱れ以外にも、肌荒れの原因はあるのです。
そこで、取りいれたいのが【オールインワンゲルを使った美容ケア】です。

産後ママがオールインワンジェルを使う3つのメリット

オールインワンジェル

1)ラインづかいに比べて摩擦等が少ないので、肌荒れを起こしにくい

化粧水・乳液・美容液とライン使いをするケアは、肌への負担が大きいです。

自分のために時間をかけることができないママだからこそ、手間をかけることなく、サッと塗るだけのケアは最適!

肌にたくさんふれる必要がないのもポイント♪

2)簡単かつ時短でしっかり肌のケアができる!

オールインワンゲルは、化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地とすべての役割をもっているゲルです。

洗顔後や入浴後に、これ1つでケアができるので、かなりの時短ケアになります。
化粧水を浸透させたあとに乳液をなじませるといった、面倒な行程も一切不要!

赤ちゃんがぐずっても、片手で抱っこしながら塗ることもできます。

3)コスパが高くてリーズナブル!

オムツやミルクなどの消耗品は、本当にお金がかかるもの。
オムツは2歳~3歳ごろまで使用し、ミルクも離乳食が順調にいけば1歳で卒業できますが、中には2歳近くまでかかる子もいます。

そのため、自分の美容代にお金をかけられなくなるママがほとんど!

いくらリーズナブルな基礎化粧品をライン使いしたとしても、効果がなければまったく意味がありません。

オールインワンゲルは、高品質な成分を使用しているのに、ライン使いするよりもリーズナブルでコスパ抜群!
年齢にあったケアを手軽にできます。

*関連記事*

産後ママにオススメできるオールインワンスキンケアの選び方4選!

オールインワンジェル

1)無添加のジェル・ゲルを選択しよう

添加物は、肌の炎症やトラブルの原因です。
肌が弱くなっているときに、添加物が含まれている化粧品を使うのは厳禁!

  • 無着色
  • 無香料
  • パラベンフリー
  • 酸化防止剤不使用
  • 界面活性剤不使用
  • 防腐剤フリー
  • 合成乳化剤フリー

といった、無添加なものがオススメ!

赤ちゃんとのふれあいが多いため、万が一赤ちゃんの肌についてもOKなゲルを使用するのがオススメです。

*関連記事*

2)保湿効果が高いセラミドなどの成分は入っているものを選ぼう

産後のスキンケアで意識したいポイントの1つです。
乾燥が引き金となって、シミ・シワの原因にもつながります。

セラミド・プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸など、保湿力が高いものが効果的♪

3)ターンオーバーを促進しよう!【ビタミンA・C、プラセンタエキス】

産後に残ってしまったシミを解決するには、肌をターンオーバーさせ、メラニンの生成を抑制する必要があります。

ビタミンAやビタミンC誘導体、プラセンタエキスが配合されているゲルがオススメです。

*関連記事*

4)抗炎症作用が配合されているもので肌トラブルを防ごう

ホルモンバランスの乱れによって起こる湿疹や炎症には、グリチルリチン酸ジカウリムが有効です。
抗炎症作用は、しつこい大人ニキビにも効果があります。

漢方の場合、甘草エキスがこの効果に値します。

産後のママに本当にオススメなオールインワンジェル(ゲル)ランキング

メディプラスゲル

1本で家族みんなケアできる!デリケートな時期でも肌あれの心配ゼロ♪

  • 赤ちゃんのおしりかぶれや乾燥対策にも◎!生まれてからも一緒に使える万能オールインワンジェル
  • ホルモンバランスが乱れている敏感な時期でも使える無添加コスメ
  • 固く張りやすい敏感なおなかも、伸びのいいジェルでお手軽ケア♪
  • セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸がぎゅっと凝縮!まさに保湿成分のかたまり
  • 肌をしっかり保湿&ほぐすから、妊娠線ケアにもオススメ♪

初回価格 2996円
分量 180g(約2か月分)
評価 評価4.5

・すーっと伸びてべたつかないし、ぬったあとに服を着ても全然OK!(28歳/乾燥肌・妊娠6ヶ月/ku-tan)
・妊娠中からもうずっと使ってます。うちの子は3歳ですが、生まれてからこれ1本で保湿ケアしています。(32歳/乾燥肌/モニ)
・妊娠線予防にもいい!妊娠線予防クリームみたいに高くないし、たっぷりつかえてコスパ最高!(31歳/乾燥肌・妊娠8ヶ月/o-ran)
・すごく敏感肌になった妊娠中に、唯一肌トラブルなく使えたケア用品です。(29歳/乾燥&敏感肌・産後3ヶ月/らん)
・さっぱりしているのに、肌はしっとりします。ふにふに感がたまらない♪(34歳/乾燥肌/RABIRIO)

メディプラスゲルの公式サイトはこちら

⇒私がお試し!メディプラスゲルの体験記事はコチラ

バランシング

コスパ重視の敏感肌さんにオススメ★ミスユニバースファイナリストも納得のオールインワンコスメ

  • ホルモンバランスで乱れやすい肌も、コラーゲンでふっくら安定させる
  • 自然由来の天然成分でつくられているから、敏感肌さんでも優しくケア♪
  • 肌と同じラメラ構造だから、こってりめのクリームでもしっかり浸透!
  • 小じわや粉ふき部分にもしっかりカバーできて、のびがいい!
  • 高保湿&上質オールインワンジェルなのに、コスパ抜群!

初回価格 3725円
分量 150g(約1〜1か月半分)
評価 評価4

・高保湿でちょっと濃いめのオールインワンジェル を探していました。まさに理想的!妊娠線できませんでした♪(27歳/乾燥肌・産後1ヶ月/コンたろん)
・ロングセラーなのも納得です。べたつく?と思ったけど、全部肌が飲み込みます。(32歳/敏感肌・妊娠4ヶ月/Megmi)
・朝の忙しいときよりも、夜時間があるときにゆっくり使いたいオールインワンジェルです。(31歳/乾燥肌・妊娠7ヶ月/ヤーマン)
・【オールインワンジェル=乾燥する】の概念をくつがえした1本です。参りました。(27歳/乾燥&敏感肌・妊娠5ヶ月/ココcham)
・何度でも使いたくなる、効果も納得します。リピートして8本目です。(35歳/敏感肌・産後半年/ぴんぴん)

⇒バランシングゲルの公式サイトはこちら

⇒私がお試し!バランシングゲルの体験記事はコチラ

しみうす

妊娠時期にきになるシミもこれ1つ!大人ニキビにもしっかりアプローチ♪

  • ホルモンバランスが崩れて、大人ニキビができやすい肌にグリチルリチン酸時カリウムが炎症をおさえる!
  • 無添加ではないけど、製薬会社が作った医薬部外品で安心して使える
  • 固めのジェルでもしっかり伸びる!フェイスマッサージでエステ気分♪
  • さっぱり&みずみずしいジェルでも、保湿力はバツグン♪
  • 薬用美白成分プラセンタで、メラニンを撃退&透明感を引き出す

初回価格 3793円
分量 60g(約1か月分)
評価 評価3.5

・密着する適度な固さだし、べたつかなくて使いやすい。そばかすも薄くなった。(31歳/乾燥肌・妊娠5ヶ月/cum-cum)
・妊娠してからしみ&ニキビがよくできたけど、これを使ったら薄くりました!乾燥もしません。(29歳/敏感肌・妊娠8ヶ月/ちえ)
・若いころからあったしみが消えたのがまだ信じられない!(32歳/敏感肌/Ri-sa)
・子供とお風呂に入ったあとでも、パッとケアできるし、べたつかなくて使いやすい。(30歳/乾燥&敏感肌・産後8ヶ月/ぱくぱくさん)
・ライトなつけごこちだから、夏でもさっぱり♪でも保湿力あってエアコン乾燥にも負けません^^♪(34歳/乾燥肌/ちょりすけ)

⇒シミウスの公式サイトはこちら

⇒私がお試し!シミウスの体験記事はコチラ

いかがでしたでしょうか?

子育て中のママは、毎日が必死で自分のことは後回しにしてしまいがちです。
かわいい我が子の成長のために一生懸命になることも大切ですが、自分の体のことも大切にしましょう。

肌荒れは、放置しておくと皮膚科を受診しなければいけないほど悪化してしまいます。
赤ちゃんを連れて病院にいくのは、とても大変!

小さなケアを積み重ねることが、将来の美肌への近道となります。
忙しいママでも、年齢を感じさせない肌が作れちゃうかも!?